sugu60’s diary

もうすぐ60だから、すぐろく日記です。

すぐろく日記88

高取城

久々のお休みに目覚めたら、梅雨の合間の爽やかな気候でした。

もうこれは、ウォーキングに出かけるしかないと考え、

近鉄てくてくマップをめくり、高取城址へ出かけました。

 

近鉄吉野線壺阪山駅下車、そこは薬の街、高取町。

f:id:sugu60:20180616070000j:plain

 

歴史を感じさせる美しい街並みを見ながら、山を目指す。

f:id:sugu60:20180616070026j:plain

 

日本の原風景!りっぱな木造建築が多いですね。

f:id:sugu60:20180616070102j:plain

 

だんだんと杉木立の山の中へ、幸い虫はまとわりつかない。

 

f:id:sugu60:20180616070143j:plain

f:id:sugu60:20180616070233j:plain

f:id:sugu60:20180616070305j:plain

それにしても、山は、荒れており、ところどころ危険を感じる。

 

 

f:id:sugu60:20180616080730j:plain

 駅から、休みなしで1時間余りあるいて、猿石に到着。

 

 

f:id:sugu60:20180616070455j:plain

 推定1300歳と今年60歳のツーショット。

高取城の築城時、明日香村より調達した石材に紛れていたものらしいです。

 飛鳥時代のものとみられています。

 

f:id:sugu60:20180616070553j:plain

 

お城までの道のりは、攻め落としにくいように限りなく険しい。

 

f:id:sugu60:20180616070721j:plain

いくらでも歩いてやる!!やけくそで登っていたら着きました。

 

f:id:sugu60:20180616070818j:plain

日本三大山城のひとつに数えられるとても立派な石垣が...

 

f:id:sugu60:20180616070846j:plain

f:id:sugu60:20180616070953j:plain

本丸跡に上ると、とても爽快です。しかし、柵も手すりもないから、こわいで。

しばらく、休憩後次の目的地へ向かう。

 

f:id:sugu60:20180616071513j:plain

大淀古道をひたすら歩く。

f:id:sugu60:20180616071633j:plain

随所に試練が待ち受ける...めざしているのは、五百羅漢。

 

 

f:id:sugu60:20180616071844j:plain

f:id:sugu60:20180616072106j:plain

いったん通り過ぎてしまって、200M上りをもどって拝観させていただきました。

彫られた方に敬意を表します。合掌

 

f:id:sugu60:20180616072728j:plain

壷阪寺を眼下に、車道を約1時間歩きぬいて壺阪山駅

 

おまけにでかけた高取城址、今シーズン最も過酷なウォークでございました。

歩数計は、24400歩、18kmという驚きの数字を記録していました。(1日トータル)

やまのぼりで歩幅が大きかったのかな?

 

編集後記

 

f:id:sugu60:20180616075301j:plain

ブルーシンフォニー♪

 

このまえのカラオケは、なかなかよかったとおもいます。

みんな乗ってきて、素の自分で唄っていたので聞きごたえがありました。

 

とくに目立ちたがり屋氏は、幾千万回はオーバーにしてもかなり練習したと見えて

 

先を行くわたしからみても(笑)  かなりいけていたとおもいます。

 

あまりほめると彼のために良くありませんのでこれくらいにしておきます。

 

ではまた。