sugu60’s diary

もうすぐ60だから、すぐろく日記です。

すぐろく日記30

発語障害者の方と

先日、わたしの勤務する公共施設に70歳くらいのお父さんが、

なにかチラシのようなものをもって見えられた。

それは、市民文化祭のチラシのコピーで何か聞きたいらしく

しきりになにかしゃべってこられたのですが、

どうやら発語障害があるらしくまったく聞き取れず

こちらもすこし困ってしまい、いくつか単語で問いかけてみました。

すると耳は聞こえるらしく時折うなずいたりされるものの、らちがあきません。

どうしたものかと思案していたら、その方は、ジェスチャーで紙とペンを要求され

めちゃ綺麗な字で"筆談"と書かれたのでした。

そうだこの場合も筆談だ。こちらが教えてもらってどうするよ。

わたしは、慌てる気持ちを落ち着かせ、お父さんと短くわかりやすい言葉で

筆談をくりかえしました。

すると用件は、出品作品の規格が募集要項に合致するかどうかと

期限が迫っている申込みの方法についての2点でありました。

さっそく目の前で所管の部所に電話して、作品の概略の説明と申込み方法を確認。

作品は合致しており、申込みは所管への持込みのみ有効とのことを確認しました。

そして言葉と筆談両方で、そのお父さんに丁寧に伝えました。

するとそのかたは、ニコッとほほ笑んで軽く会釈して帰って行かれました。

当たり前のことをしたにすぎないのですが、

今の気候のように、なにやら少しうれしく、すがすがしかったです。


f:id:sugu60:20170929070500j:plain



追伸

ボクトーミニニュース

f:id:sugu60:20170929070538j:plain


ピンポンマンが、北陸に出張に行き能登ダスティン・ホフマンと密談。

それから、なすねむさん、hasegawatiryouinさん☆ありがとう。では、また。