すぐろく日記15

夏の思い出

昭和の夏の旅は、たいていの場合、大阪駅中央コンコース、噴水前に集合する。

わがボクトー会の夏合宿に向かうときも、コチラで集合し

毎年、福井県武生市のHさん宅に出掛けていった。

友達との旅行と違い、少し憂鬱だった。

なぜか? それは、わが部が、文化部にもかかわらず縦の関係を重視しており

礼儀、作法がなっていないとダメ出しされ、

指導は、もとより、場合によっては、説教をされることもあったからでした。

これも、ひとえに人間形成のためである。とわかったのは、社会に出てからのこと。

なかでも、「失礼します。」の一言は、かなりのお役立ちグッズでした。

卒業後、この言葉が、自然に出るようになっている自分に気づき、感謝しました。

いまどきなら、こんな縦の関係など成り立たないかもしれないですね。(笑)


特に、1回生の時は、めがまわるほど忙しかった。

相撲取りほどじゃないけど、ある程度、先輩の世話をしないといけないし

机や布団の準備、片付けなど次から次へと用事がありましたから。

とはいえ、それぞれが協力して日程が支障なく消化されていくと

充実した気分になり、海での時間や、宴会の時間がより一層楽しくなったものでした。

しんどかったけど充実していた夏合宿。

いまとなっては、懐かしくてとても良い思い出です。

どういうわけか、早朝、ボクトーを振り回していた、あの夏.....

甲子園では、東洋大姫路の松本が投げていた、あの夏.....

戻れるものなら戻りたいものです。

余談

f:id:sugu60:20170807181244j:plain

懐かしの、じゆうけん風カレー...自作です。
注文するときれいなお姉さんが「インディアン一丁!!」と厨房に向かって叫んでいた...
なつかしい。時は流れた.......

f:id:sugu60:20170807181716j:plain

台風5号通過中、臨時閉館ですが午後10時前まで待機です。