sugu60’s diary

もうすぐ60だから、すぐろく日記です。

すぐろく日記13

ブログ1ヶ月

記事数12、アクセス数175でした。

2,3日に1回更新し、1日5,6人が見てくれました。

ボクトー会員のみなさんへ

もし、先輩や後輩と話す機会があれば、まずは、長谷川治療院の紹介を!

そして、毎月更新される院長のこぼれ話は、是非読んでほしい。

ホームページは、こちら http://hasegawatiryouin.sakura.ne.jp/

※古いタブレットなんかでは、上手くリンクしないのでその節は手打ちで!

院長の応援、旧友との交流、日常の記録、70年代へタイムスリップ

一つのテーマに打ち込むスペシャリストとは対極にある

ゼネラリストとしての活動と思いを綴る"すぐろく日記"

いやいや、そんなカッコイイ者ではなく。単なる庶民の私生活。

これからも宜しくおねがいします。

2017夏、思うこと。

馬鹿ばかり言って、いいかげんなやつとお思いの会員もいるだろうけど

わたしも人の親、悩みもあるし、気も遣います。

そんなときは、この曲を思い出し、唄います。

♪わけのわからないことで、悩んでいるうち…

♪おいぼれてしまうから…

若い頃聴いて、少し気になっていた襟裳岬の一節。

もうすぐ60の今、この詩が身に染みるのです。

父母ともに、短命な家系なので、数年前より残り時間に漠然とした感覚が有り

2月に院長はじめ、ボクトー会の面々と再会してからというもの

とくに、そんな気持ちが強まって来ました。

あれこれ、悩んで何もしないより、とにかく何かをはじめよう。

Let’s begin! 懐かしの飛び出せ青春、そうです、村野タケノリさんです。

女教師役の酒井和歌子綺麗でしたね。

余談

f:id:sugu60:20170802071022j:plain

市役所展望室よりみた東大阪JC

一度きりの人生…

まっすぐすすむも、ぐるぐるまわるも、ときにはSAでやすむのもよし。

しかし、どんな高級車でも逆戻りはできません。

前に進むしかないのです。前へ前へ

そのむかし、ひときわ背の高いU先輩が設立した、進々堂組。あの精神ですよ!

当時は、賛同するものが皆無でしたが、あながちまちがいではなかったというわけです。

あらためて、先輩の偉大さを痛感する2017夏でございます。

おぼえているひとイルノカナ? では、また。