すぐろく日記33

ボクトー合宿直前特大号

雨の大和路

昨日、そぼ降る雨の中、早く目覚めたわたしは、7時過ぎに家を出ました。

合宿の打ち合わせをする、がわ君、ふ○の君との待ち合わせは、11時半です。

トータル90分も見ておけば、集合場所の三輪までは充分なのですが、私には立ち寄りたい所がありました。

還暦を前に、私は、社寺や名所旧跡を訪ね写真を撮ることを趣味としていこうとしておりまして

とりわけ、隣の県で足が運びやすく、歴史ある大和の地は、とても魅力的な場所なのです。



f:id:sugu60:20171016195800j:plain

映画「天使のいる図書館」のロケ地にもなった、おみやさん。私にも想い出があります。



f:id:sugu60:20171016195949j:plain

八木駅ちかくの昔、旅籠だった建物。内覧無料で、すばらしい木造建築でした。


f:id:sugu60:20171016200132j:plain

近鉄の誇る、特急しまかぜとも遭遇。1日1往復?私もなかなか持ってますよ。

雨が降ったりやんだりのなか散策したあと、ガワ君宅へ


打ち合わせ

待ち構えるボクトー会ツートップと、まずは、ガワ君オススメの蕎麦屋

客の顔を見てから、作るらしく相当話し込んでから出てきた蕎麦は、とても美味。

そばがきもはじめて食させていただきました。美味しかったです。

そのあと私が、歴史的な町並みを保存している今井町の話をだしたら、気の良いガワくんは

車を走らせてくれ、ぐるりと一周してくれ、どこかでお茶をということになりました。

残念ながら、今井町には駐車場が、なかったので

またまた、地元のなじみのお店へ、ここで合宿の打ち合わせをし色々と意見を交わし決めて行きました。

とはいえ、そこはなかよしのボクトー会のこと、当日のミーティングで良いことはちゃんとおいてありますので

諸君は、安心して参加してくれたら良いと思います。

既決事項は、テーマは、"ボーダーレス"でお互いの境界線を取り払い誰とも一層交流を深めようです。

ちなみに、配車と部屋割は、サイコロをふって決めます。

あと、宴会は、それぞれが主役となり、自己紹介や質問コーナーなど行う予定です。

宴会の式次第(進行)は、概略相談済みですが、なにか提案がありましたら、わたくしめ迄、お知らせくださいませ。


追伸

淡路合宿まで、1週間を切りました。

残念ながら、チャリンコマンは、欠席となりましたが、

もしかしたらこれだけメンバーが揃うことは、もうないかもしれませんね。

では、また。


前記事御礼、総アクセス数1000超えました。なすねむさん☆ありがとう。

すぐろく日記32

結婚式に列席

わたしは、昨日、今月のもう一つのイベントである、姪の挙式に列席しました。

場所は、本町のセントグレースヴィラというところです。


f:id:sugu60:20171008104221j:plain

本町駅下車徒歩4分、霧雨の中到着

f:id:sugu60:20171008105712j:plain

神々しいステンドグラスのもと、

誓いの言葉や、マリッジリングの交換などの儀式のあと

司祭の導きで、にわかキリスト教徒となった私も、賛美歌312番を合唱。


つつがなく式は挙行され、披露宴へ

この宴は、親族のみで多分に顔合わせ的なものと聞いており

リラックスして心ずくしのお料理をいただいておりましたところ

突然、司会の女性から、新婦のおじ様よりお祝いのお言葉をというアナウンスが...

ええ、聞いてないよ。

瞬間的に頭の中で新郎新婦の名前を復唱しぶっつけ本番!

ところが、マイクを手渡され、握ってみたら、なんとカラオケのときと同じ感覚で

ほぼ緊張していない自分に気づいたのでした。

としのせいか、アルコールの成果か?カラオケで場数をふんだからなのか?

突然にしては、そこそこ話せたようで、身内からも称賛され、先様にも感謝されました。

f:id:sugu60:20171008105427j:plain
達成感からか、心地好い疲れで甘味が身に染みました。よかったね!


追伸

まだ先だと思っていた淡路合宿が2週間後に迫ってきました。

グループLINEのほうでも昨日から、どうすんねん的なことで賑わっておりますね。

ワタシ的には、小旅行ではありますが、大きな節目じゃないかなと思っておりますので

なんとか、盛り上げて思い出にのこるものにしたいと思っている次第です。

すぐろく日記31

やっぱり掛布に似てます

すぐろく日記31という数字にちなんでミスタータイガースの記事を...

さみしくも今季限りで、虎のユニフォームとのお別れが決まり

先日、甲子園での最終戦(二軍戦)に7千人もの観客を集めた掛布さん。

映像を見ると泣いてる人も多数いたようですね。

そりゃそうですよ。現役引退時も今回もなんだか名残惜しいですよね。

これがミスタータイガースの称号を与えられた掛布さんのミスターたる由縁でしょうか。

まあそれは、のちほど触れるとして、

それにしても、うちの亀岡の掛布は、ほんまにミスターによく似てます!

本人は、先日の“摂津本山ふらいでーないと“のときに

わたしが、「ほんまに掛布に似とるね」っていったら、

「もうええて」って言って笑っていたけど

やはりそうはいかないんですよね。諸君もそう思うでしょ(笑)

そう、このまま忘れて行くなんて世間が許さん!のですよ。

本物もフロント入りするらしいけど、まだ60そこそこで早いですよ。

もちろんこれも世間が許さんでしょ?!

監督の若年齢化が進んでいるのは、少し気にはなりますが...

次は、一軍の監督として、是非もう一度ユニフォームをきてもらいたい!

また、ニセモノ?じゃなかった、(笑)そっくりさんにはボクトー会のレジェンドとして

これからも君臨してもらいたいものです。なあ、伸ちゃん。そうですやろ?

ボクトー会員諸君もそう思うでしょ、いつまでたっても...

掛布は、掛布。ジェットシンは、ジェットシン。じいさんは、じいさんやもんな。

よっしゃ、こんど、カラオケでゴーゴー掛布うたおうぜ。

たとえピンポンマンにマイクを奪われようとも...な。

おれは、どんどん曲入れますからね!おたのしみに。

じゃあ、また。

追伸


f:id:sugu60:20170930152655j:plain

いつか見た青い空。



f:id:sugu60:20170930162242j:plain


日本晴れ! 最近言わなくなりました。

50年前の秋の日も、わたしはここで遊んでいた。
時は流れた...しかし感傷に浸っては、いられない。

すぐろく日記30

発語障害者の方と

先日、わたしの勤務する公共施設に70歳くらいのお父さんが、

なにかチラシのようなものをもって見えられた。

それは、市民文化祭のチラシのコピーで何か聞きたいらしく

しきりになにかしゃべってこられたのですが、

どうやら発語障害があるらしくまったく聞き取れず

こちらもすこし困ってしまい、いくつか単語で問いかけてみました。

すると耳は聞こえるらしく時折うなずいたりされるものの、らちがあきません。

どうしたものかと思案していたら、その方は、ジェスチャーで紙とペンを要求され

めちゃ綺麗な字で"筆談"と書かれたのでした。

そうだこの場合も筆談だ。こちらが教えてもらってどうするよ。

わたしは、慌てる気持ちを落ち着かせ、お父さんと短くわかりやすい言葉で

筆談をくりかえしました。

すると用件は、出品作品の規格が募集要項に合致するかどうかと

期限が迫っている申込みの方法についての2点でありました。

さっそく目の前で所管の部所に電話して、作品の概略の説明と申込み方法を確認。

作品は合致しており、申込みは所管への持込みのみ有効とのことを確認しました。

そして言葉と筆談両方で、そのお父さんに丁寧に伝えました。

するとそのかたは、ニコッとほほ笑んで軽く会釈して帰って行かれました。

当たり前のことをしたにすぎないのですが、

今の気候のように、なにやら少しうれしく、すがすがしかったです。


f:id:sugu60:20170929070500j:plain



追伸

ボクトーミニニュース

f:id:sugu60:20170929070538j:plain


ピンポンマンが、北陸に出張に行き能登ダスティン・ホフマンと密談。

それから、なすねむさん、hasegawatiryouinさん☆ありがとう。では、また。

すぐろく日記29

ボクトー新聞ニュース

この前、あげようとしてわすれてしまっていた記事で恐縮ですが、

いまちょっと燃え尽き症候群にかかっておりまして...

泰葉ちゃんのことは、置いといてしばらくお付き合いくださいませ。



国際名タリム(鋭い刀先)となづけられた台風18号が先日近畿地方を駆け抜けた。

大分や高知などで暴風雨を吹き荒れさせたあげく、院長のいる神戸直撃か?と心配していたら

少し西側に進路変更、淡路島を通って、しげちゃんのいる明石に再上陸。

その後加速、掛布の待つ亀岡を通過して

能登ダスティン・ホフマンの地元をかすめておびやかし

日本海を北上し東北、北海道にまで被害をおよぼすという最悪のコースをたどった。

それにしても、ボクトー会ゆかりの地を通ったもんですな。


台風を、まともに受け止めた、明石のしげちゃんは、大丈夫だったのかな?

大丈夫だっ! 明石タコのような太い足で地面に張り付いてるからね。(笑)

風が強かったけど、ほかのみなさんも大丈夫でしたか?

大丈夫だっ! 爺さんはしらんけど...


f:id:sugu60:20170920201132j:plain


追伸

さっき、伸介に電話したら、血圧が高まってふっとなり医院で点滴をしてきたそうです。

俺も血圧たかいねんっていうてたんやけど、みんなもきをつけてや。

またもし、何か気づいたら、なんでもいいから院長ブログにコメントしてや。じゃあ、また。

すぐろく日記28

ボクトーネットワーク

18,9でであって40年、宇宙旅行や空飛ぶ車は、実現していないけど

インターネットの普及であの頃、想像もしなかった世の中になりました。

ボクトー会諸君との交流においても伸介のひとりごとを中心に、

わたしのすぐろく日記や、スマホユーザー6人にはグループLINEも通じている。

じつは、電話が苦手な私、固定電話時代は苦労いたしました。

彼女のいえにかけて、親父さんが出た日にゃそりゃもう緊張の局地でした。

時はながれて、今や私にも、30過ぎてるのに嫁に行こうとしない娘がいます。

ようやく、あんな親父になれるとおもいきやポケベル、自動車電話を経て

携帯電話時代に突入、トホホ。仕返しできないじゃないの(笑)

昭和の貞操観念とかは?どこ行った?(笑)まあ、それはいいか。

だいぶ、話が逸れましたけど、ほんとに我がすぐろく日記も

読んでくれる会員諸君が増えているみたい。総アクセス700越えました。

伸介のひとりごととともにどんどん読んでくださいね。

そしてなにか言いたくなったら、伸介の方に言ってください。(笑)

よろしくどうぞ。



f:id:sugu60:20170915195026j:plain

命の残り火を燃やす、つくつくぼうし君。

f:id:sugu60:20170915195107j:plain

らくらく登山どうから母校を臨む。

すぐろく日記27

ボクトー企画部会

昨日、旅行のスケジュールを企画するという大義名分のもとに

有志(ひまである?)による、部会がH治療院で開かれました。

日頃は、忙しいわたくしも、コンサートに行く家内を送ったあと

軽4バン爺号に乗って大阪湾の強風を受けながら

なんとか湾岸線を走りきり、駆け付けました。

すると、ベッドに横たわり院長の施術を受ける亀岡の掛布の姿が...



f:id:sugu60:20170909104513j:plain



なんでも大和高田の息子さんのところに所用で向かう途中、

私らも来るということで立ち寄ったということでした。

つづいて、がわくんが到着、しばらく歓談して

「顔を見たからもういくわ」という掛布を3人でなだめすかして、引き止め

夕方組が来るまでという第一条件を提示。

院長のTV出演の録画や能登の川柳名人の作品を見たりしていると

仰げばほくしん委員長から6時44分着との一報が入り駅まで出迎えに

コープに駐車していた亀岡の掛布は、

「もうすぐ、とめるところがなくなるからそろそろ行きたい」と懇願。

すきをあたえてなるものか(笑)いまさら、それが許されるはずもなく(笑)

車を止めて過ごせる所に移動という第二条件を提示。

でしゃばってわるいんですが(笑)

わたしが、あらかじめ検索しておいたカラオケ屋にいきました。



f:id:sugu60:20170909104603j:plain


写真は、院長の甘い声に酔いしれる笑顔の参加メンバー

もうこの頃には、明日の稲刈りも中止ということで掛布も、エンジョイ。

来るかも?といっていた

とっしゃんからまた次回楽しみにという連絡が入ったのは残念でしたが

3時間ほど楽しく歌を歌えてそれぞれストレス発散できたと思います。

終了後、はせがわ宅から掛布号は、院長、副院長をのせて羽曳野・奈良へ

わたしは、最後に院長の母上に見送ってもらい帰路に着きました。

おつかれさんでした。

余談

金曜の日中から、というのは来られないのが当たり前。

だれひとりかけてもボクトー会は成り立ちません。

帰宅後、そんなことを思いながら床についたのは言うまでもありません。


しかしとりあえず少人数で良かったこともありました。

それは、どういう選択か?F野くんが山口百恵の歌を歌っているとき、

私のむかしの彼女に似ていると、がわくんがサラっと言ってくれたのは、

もはや、いにしえの昔のことですが、けっこううれしかったですね。(笑)

自分から言い出すことでもないので...(笑)では、また。

※記事の構成上、掛布だけ呼び捨てにしています。あくいはございません。